北海道・東北の風俗求人・バイト 信越・北陸の風俗求人・バイト 関東の風俗求人・バイト 東海の風俗求人・バイト 関西の風俗求人・バイト 中国・四国・広島の風俗求人・バイト 九州・沖縄の風俗求人・バイト
最終更新日時[12/16 02:16]  サービス規約  会社概要 
ヒメケツ!
色妻
TOP業種解説お仕事辞典風俗のススメヒメケツ!とは?プレゼントQ&A体験談コラム
トップページ  > からだ相談室
からだ相談室トップ画像

 女性はなぜ冷え性になりやすいの?? 
「冷え」を訴えるのは男性より女性の方が圧倒的に多いですよね。これはカラダのつくりが男性と女性が違っていて、女性の方が冷えやすい構造になっているため。だからこそ女性は男性以上に冷えにくいカラダ作りが必要なのです。


その1.  男性より筋肉が少ない
人 体は、筋肉が動くことで熱が作られて、カラダが温まります。ところが女性はもともと男性より筋肉が少ない上、筋肉がつきにくい構造になっています。そのた め熱を作り出す力が弱く、冷えやすいと言えます。
さらにダイエットで食事の量を極端に減らしたり、野菜ばかりとったりするなど、摂取エネルギーを極端に制 限する女性も少なくありません。過度なダイエットをすると、栄養不足になり、もともと少ない筋肉がさらに減って、熱を作り出す能力がさらに落ちてしまいます。


その2.   月経・子宮・卵巣がある
女性特有のはたらきといえば、月経。月経のときに熱を運ぶ血液が多量に奪われるため、冷えやすいのです。
また、女性のおなかには男性にはない子宮や卵巣などの臓器や器官が存在しています。そのため、腹部の血流が悪くなって、熱が運ばれにくく、冷えやすくなります。



それには女性ホルモンのバランスも大きく関わっています。冷え性の主な原因である自律神経のトラブルは、女性ホルモンのバランスの乱れが理由のひとつ。

妊娠や更年期をきっかけに冷え性になる人も多いんです。また、無理なダイエットが原因で月経不順や冷え性などの症状が併発することも…。更年期の人に多いのが、「上半身はカッカとほてっているのに、足先など下半身は氷に足をつっこんでいるくらい冷たい」という症状。

このような症状だったり、月経不順など婦人 科系の障害もある場合は、我慢せず婦人科に相談するべきです。


女性ホルモンは、自律神経中枢と同じく間脳の視床下部で分泌がコントロールされているため、次のようなことがおきています。

〈月経・子宮・卵巣がある〉
月経から排卵までの卵胞ホルモン(エストロゲン)の働きが盛んになる時期は、自律神経では副交感神経が支配的で、体温は下降傾向にあります。

〈排卵後から次の月経まで〉
排卵後に黄体ホルモン(プロゲステロン)が分泌される時期は、交感神経が支配的になり、次の月経まで体温は上昇傾向になります。


女性は、初潮・出産・閉経など、女性ホルモンのバランスが大きく変化する時期に自律神経のバランスが崩れやすく、実際こうした体の変調期に冷え性になる女 性が多くなっています。
更年期障害に特有の症状である頭痛、耳鳴り、目まい、不眠、イライラ、腰痛、冷え性などもその結果です。

【低血圧、貧血】
女性に多い低血圧と貧血。これも冷え性の大きな原因のひとつ。

低血圧は血液が体中に流れるだけのパワーがない状態、貧血は血液そのものが足りない状態。低血圧や貧血は、栄養不足とやせすぎが主な原因です。

冷え性に加え、めまいや立ちくらみ、動悸や息切れなどがあるなら、内科に相談してみてください。


【体に合わない服や靴をはく】
冷 え性は、靴や下着が原因で起こることもあります。体を締め付けることで血行が悪くなったり、温度を感じる皮膚の神経機能が鈍ってしまうのが原因。

また、冬 でもミニスカートなど冷えやすい格好で歩くのも×。健康を考えるならゆとりのある服や靴、寒いときは温かい衣服を着ることが大切です。



アイスクリームやジュースなど甘くて冷たいデザート系は、冷え性の大敵ともいえる食べ物です。

理由1.  身体を内側から冷やしてしまう

理由2.  糖分をとりすぎると血液中に血糖や中性脂肪が増え、血行が悪くなる

理由3.  体内の糖質や脂肪分を熱に変えるはたらきを阻害する


※成人が1日に必要な砂糖の量は20gが目安です。アイスクリームやケーキなどをひとつ食べれば、軽く20gは超えてしまいます。
こういったデザートは、連日摂取しないようにしましょう。


〜とくに冷え性に効果がある栄養素は、ビタミンEとビタミンC〜
〈ビタミンEは〉
血行を良くしたり、体内のホルモン分泌を調整するはたらきがあります。
穀物や緑黄色野菜、豆など

〈ビタミンCは〉
血液の主要な材料となる鉄分の吸収を促進、毛細血管の機能を保持するはたらきがあります。
みかん、いちご、ブロッコリー、ピーマン、芋類など

このような野菜は、煮たりゆでたりした温かいものを食べるようにしましょう。
生野菜や果物などは、お腹の中を冷やしてしまうので冷え性には逆効果。

生野菜サ ラダより温野菜サラダか煮物を、また、野菜ジュースより野菜スープにしてください。
なお、ビタミンCはゆでたり煮たりする過程で壊れてしまうことが多いの で多めに摂取しましょう。


☆〜風俗 高収入アルバイト ヒメケツ〜☆