北海道・東北の風俗求人・バイト 信越・北陸の風俗求人・バイト 関東の風俗求人・バイト 東海の風俗求人・バイト 関西の風俗求人・バイト 中国・四国・広島の風俗求人・バイト 九州・沖縄の風俗求人・バイト
最終更新日時[08/18 02:24]  サービス規約  会社概要 
ヒメケツ!
五十路マダム岡山店
TOP業種解説お仕事辞典風俗のススメヒメケツ!とは?プレゼントQ&A体験談コラム
トップページ  > からだ相談室
からだ相談室トップ画像

〈不眠症とは?〉
精神的なストレスがあれば、誰でも一時的に眠れなくなります。ところが緊張や不安が慢性的に続いて、何日も眠れないと、「また眠れないのではないか」と心配になったり、「今夜こそ寝なければ」と焦ったりします。
それがさらにプレッシャーとなり、ますます眠れなくなってしまうという悪循環に陥りがちになります。
これが「不眠症」と呼ばれるもので、眠れない病気のなかでもっとも多く、男性より女性の方がやや多いことが分かっています。

〈不眠症の判断基準〉
不眠症は、睡眠時間の長さによって判断されるものではなく、その人が朝起床した際に、だるさや眠気といった不快感を持ち、一日の日常生活を行う上で支障をきたす程度によって判断されます。

入眠困難…眠りにつくまで1時間以上かかる。
熟睡困難…睡眠が浅く、満足感が得られない。
早朝覚醒…朝早くに目が覚め、その後再び眠ることができない。
中間覚醒…寝ている途中で1〜数回目が覚めてしまう。

人間は本来、眠たくなれば眠るという本能が働いているので、あまり過敏になる必要はありません。しかし、どうしても眠れない場合は、睡眠薬などの薬物に頼る場合もありますが、薬に頼り切るような睡眠環境にするのはできるだけ避け、まずは自分にとって心地いい睡眠に入っていけるように工夫してみましょう。


こんな人は不眠症になりやすいので注意が必要です。

肩こりや腰痛のある人
痛みが刺激となって、眠りが浅くなったり、寝付けない、夜中に目が覚めることが多くなります。

運動不足の人
普段から運動を習慣づけている人は、昼夜のメリハリがつくため、そうでない人より深い眠りを得られるという調査結果が出ています。

家にこもりがちで外出の機会が少ない人
体内時計のリズムを整える上で、朝、光を浴びることはとても大切です。光に当たるチャンスが少ない人は、リズムが狂って寝つきにくくなる傾向にあります。

几帳面で気にしやすい性格の人
「決まった時間に眠らなければならない」「明日早いから早く寝なければ」と几帳面に考えすぎる人は、かえってそれが脳の緊張を高め、不眠を招くことになります。


日本人の5人に1人が、寝不足で悩んでいると言われています。「布団に入ってもなかなか眠れない」「夜中に何度も目が覚めてしまう」など、誰もが一度は眠れない悩みを抱えたことがあるはずです。

【体内時計のリズムが乱れている】

人間の体には、脳の「視交叉上核(しこうさじょうかく)」という部分にコントロールされている「体内時計」があり、およそ24〜25時間のサイクルで周期的に変化しています。
ところが、休日に遅くまで眠っていたり、明け方まで起きていて、このリズムが乱れると、眠くなるタイミングがずれて寝つけなくなってしまいます。

【脳が緊張している】
眠りに入るには、脳がリラックスすることが大切です。
大切な行事や試験の前夜に「なかなか眠れない」という声を多く聞くのは、脳が緊張して頭がさえてしまっているからです。寝る直前まで、必死に仕事をしていたり、興奮して騒いでいたりすると、やはり脳の緊張で寝付けなくなります。


〈就寝前のポイント〉
入浴は、ぬるめのお湯で心身をリラックスさせる。
テレビやパソコンの画面を見ない。
夕食は早めにとり、就寝前の数時間は食事をしない。
お茶やコーヒーなどのカフェインを含む飲料、アルコールは控える。
喫煙は控え、吸うとしても、寝る1時間くらい前までにする。
寝室の温度は15度〜25度が最適。
光はおぼろげに何かが見える程度以上の光だと眠りに影響がでるので、
 電気の消し忘れに注意。
強い光には覚醒作用があるので、寝る前に光の強いコンビニや
 ガソリンスタンドに行ったり、メール、パソコンは避ける。

〈体内時計は光で調節〉
意外かもしれませんが、人間は太陽の光を浴びてから15〜16時間後に眠くなるようにできています。つまり、朝「光を浴びた時点」=「起きる時間」で、ある程度自動的に寝る時間が決まってくるのです。

だから、体内時計を整えるためには、「早寝早起き」ではなく「早起き」だけで十分なのです。同じ時刻に毎日起きて、カーテンを開けて太陽の光をしっかり浴びて、体内時計のスイッチをオンにしておくことが快適な眠りには不可欠です。

休みの日も同じ時間に起きないと次の日がつらくなるので、休日の朝でも、一回はとりあえずいつもと同じ時間に起きるようにしましょう。

※眠気が出てから布団に入り、30分以上眠れなかったらいったん布団から出るとよいでしょう。眠りにつく時間は起きる時間で決まるので、『早く寝たい日は早く起きる!!』ことを心がけましょう。

〈お昼寝のススメ〉

午後1時〜3時に小さい眠気のピークがあります。必死になって眠気と闘うよりは許されるなら、ちょっとしたお昼寝がオススメです。
午後早い時間(15時前まで)に15〜20分程度の短い睡眠をとると、眠気が解消されて随分スッキリします。昼寝によってかえって仕事の効率が上がるという話もあるほどです。
ただし、お昼寝の時間が長すぎたり、夕方以降眠ると不眠の原因になるので何事もほどほどにしましょう。


☆〜風俗 高収入アルバイト ヒメケツ〜☆