北海道・東北の風俗求人・バイト 信越・北陸の風俗求人・バイト 関東の風俗求人・バイト 東海の風俗求人・バイト 関西の風俗求人・バイト 中国・四国・広島の風俗求人・バイト 九州・沖縄の風俗求人・バイト
最終更新日時[05/25 14:48]  サービス規約  会社概要 
ヒメケツ!
EIGHT(エイト)
TOP業種解説お仕事辞典風俗のススメヒメケツ!とは?プレゼントQ&A
トップページ  > からだ相談室
からだ相談室トップ画像





どうして巻き爪になるの?
巻き爪の原因として、まず第一に挙げられるのがツメの切り方。
ツメを切る時、ついつい深爪をしていませんか?実は、その深爪こそが、巻き爪の原因だといわれているのです!!ツメを深く切ってしまうと、それまでそこに覆われていた指の肉が盛り上がってしまいます。そして、その盛り上がった肉の部分に、今度は伸びてきたツメがぶつかり、本来にはない、不自然な力をツメに加えてしまうことに。なので、切り過ぎには注意しましょう。
理想としては、白い部分を1ミリ程度残すくらいがちょうど良いです。角を丸く切らずに残すスクエアオフと呼ばれるきり方もオススメです。また、巻き爪の原因には、足のサイズや形に合わない靴を履くことも挙げられます。特に、履き心地ではなく、デザインを重視したようなパンプスやヒールなどを長時間履いていたりすると、足には相当な負担に!!インソールを入れて負担を軽くし、休日は足を休めたりするなどの対策をとることをオススメします。




【陥入爪-かんにゅうそう-】
爪の両端がわん曲して、皮膚にくいこんでしまっている状態です。軽症なものでは赤み、軽い痛み程度ですが、重症になると靴を履けないほどの激痛、感染、排膿を引き起し、長期になると、肉芽(にくげ)という、反応性の肉がもりあがって、痛々しい病状になります。原因は深づめや、窮屈な靴・高いヒール靴によるものが多く、好発部位は足の親指です。

●陥入爪の治療法
治療は軽症だとテーピングや、爪の脇に脱脂綿などをつめて対策しますが、感染して、強い痛みのあるものは局所麻酔をして、原因部分の爪を根元まで部分抜爪します。何度も再発する場合にはフェノールで爪の根元の細胞を処理して爪の幅を狭くする手術をします。いずれも処置をすれば非常に治療効果の高い方法ですので、治療を受けることをおすすめします。

【彎曲爪-わんきょくそう-】
爪全体がアーチ状に彎曲したもので、先端にいくほど彎曲がつよくなって、ひどい場合には爪の両端がつきそうになり、あいだに指の皮膚が挟まれている状態になり、陥入していなくても痛みが発生する場合があります。感染、赤み、排膿を伴う事は少ないのですが、体重をかけたときに痛むことが多いです。

彎曲爪の治療法
治療は手術になります。フェノールという薬で爪の幅を狭くする方法では爪の格好が非常に悪くなるのでオススメしません。手術は、局所麻酔で爪を抜去し、爪の下にある爪床とよばれる部分の彎曲を手術で平らにする治療法です。術後は何日間か痛みますので、入院治療が必要となります。術後爪が生えそろうまで半年ほどかかりますが、形のよい平らな爪が生えてきます。




対策の1つに、コットンパッキングとよばれるものがあります。
この対策は症状を軽減させるもので、巻き爪の症状が、非常に軽度なものに対応します。やり方は、まずコットンを指の肉に食い込んでいる爪の端に詰めていきます。こうすることにより、食い込んでいるツメを持ち上げる効果が期待できます。ピンセットを使用すると簡単でやりやすいです。ただし、一度に多くのコットンを詰め込まないように注意しましょう。毎日、少量ずつ詰めていき、ツメが伸びてくるのを待ちましょう。爪が伸びてきたら、食い込んでいた肉にコットンがひっかからずに指の外に出てきます。それを繰り返す事で、症状が軽減していきます。この対策は、あくまでも症状が軽度な人、初期の人の対策で、長期間、巻き爪を放置している方には向きません。長期間や症状が重い人は自宅ケアだけでなく専門の方に診てもらいましょう。

巻き爪予防その1
【ツメの切り方】
ツメを切る時は、深爪をしないこと。特に指の左右の端の爪の部分は感染しやすいので気をつけながら切りましょう。白い部分を1ミリほど残して、角が丸くならないように!靴下やストッキングが破れることを気にして、ついつい深爪をしてしまいがちですが、ツメの長さには気をつけましょう。

巻き爪予防その2
【靴の種類】
普段履いている靴は、足の形に合ったものを履いているか見直してみましょう。特に、パンプスやヒールなどファッション性が高い靴は、つま先が窮屈なものが多く、親指に相当な負担がかかってしまいます。巻き爪に悩んでいる人は、パンプスやヒールの頻繁な使用は控えましょう。




巻き爪の治療法は彎曲爪と陥入爪とでは手術方法が違います。陥入爪には手術で治療する場合が多いですが、痛みを伴う事が多い様です。痛くない治療法としては、巻き爪矯正があります。しかし、巻き爪矯正治療法は時間がかかり、再発する可能性も高いです。年齢や生活状況、症状によって適切な治療法を選ぶことが重要です。もし、出血や化膿があれば病院に行ってきちんと皮膚科や整形外科で医師の治療を受けましょう。


巻き爪は早い段階での治療が大切です。巻き爪の治療や予防法などを知り、対策を講じましょう。

☆〜風俗 高収入アルバイト ヒメケツ〜☆