北海道・東北 信越・北陸 関東 東海 関西 中国・四国・広島の風俗求人・バイト 九州・沖縄
最終更新日時[03/30 22:39]  サービス規約  会社概要 
ヒメケツ!
カサブランカ
TOP業種解説お仕事辞典風俗のススメヒメケツ!とは?プレゼントQ&A
トップページ  > からだ相談室
からだ相談室トップ画像

〝子宮頸がん〟ってどんな病気?
最近話題の子宮頸(しきゅうけい)がん。子宮頸がんは、子宮の入り口付近にできるがんで、女性特有のがんとして乳がんの次に多く、日本では毎年約1万5000人が新たにかかり、約3500人が亡くなっています。だけど、近年では、子宮頸がんは予防できるがんとなっているんです!!

それは子宮頸がんの原因やがんになる過程がほぼ解明されているから♪定期的に検診を受けることで、がんになる前に発見すれば、子宮を失わずに治療することが可能なんです。でも、子宮頸がん検診の受診率は欧米で70%以上であるのに対して、日本では20〜30%ととても低いのが現状。検診を受けなかったために、防げるはずのがんになってしまうのはとても残念なことですよね。


子宮頸がんの検診や診断は、全国の婦人科クリニックで受けることができます。


金額は病院によって違いはあるものの、
3,000円〜5,000円くらいで受診できるところが多いようです。

※自治体が実施している住民検診だと、保健所や自治体が指定した医療機関で受診する必要があるけど(対象となる年齢、実施時期にも制限あり)、自治体からの補助があるため、比較的安く受診することが可能。

費用は自治体によって異なりますが、
1,000円〜2,000円程度のところもあるので、一度自分の住む自治体へ問い合わせてみましょう。


子宮頸がんを予防するためには、なんと言っても定期的な子宮がん検診の受診が効果的!
それから、子宮頸がんの発症から長期にわたって体を守ってくれる、子宮頸がん予防ワクチンが、一般の医療機関で接種できるようになりました。まずは予防ワクチンを接種して、なおかつ1年に1回は検診を受けるのが理想です♪


不活化ワクチンなのでDPT三種混合ワクチンのように複数回接種する必要があり、現在は初回接種、1ヶ月後接種、5ヶ月後接種の3回接種が推奨されています。筋肉注射なので、DPT予防接種よりも、接種部分の腫れや痛みが起きやすいことがあります。

※不活化ワクチンとは、細菌やウイルスを殺し抵抗力(免疫)をつくるのに必要な成分を取り出して毒性をなくして作ったもの。しばらくすると少しずつ抵抗力(免疫)が減ってしまうので、長期に抵抗力を保つためにはそれぞれのワクチンの性質に応じて一定の間隔で追加接種が必要。


子宮頸がん予防のHPVワクチンはとても高価1個が12,000円程度。
子医療機関で接種する場合、諸費用が加わり個人の負担は
  1回15,000円〜20,000円程度となります。
3回で45,000円〜60,000円と高額になります。


ワクチンとは、病気の原因となる細菌やウイルスなどをあらかじめ接種しておき、病気を防ぐ方法です。子宮頸がん予防ワクチンは、肩に近い腕の筋肉に注射します。

1〜2回の接種では十分な抗体ができないため、半年の間に3回の接種が必要です。※接種期間の途中で妊娠した時には、その後の接種は見合わせましょう。


自宅でできる!子宮頸がん検査キット!
病気は早期発見が決め手だと分かってはいるけれど、病院に行く時間がないし…怖いし…内診にも抵抗あるし…。そんなオンナのコには、自宅でできる検査キットがオススメ。

しかも4,000円〜5,000円程度の低予算でできるんです!!
やり方は、スポンジのついたスポイドを膣内にいれて採取するだけ。子宮頸がんの早期発見が自宅で手軽にできます。





☆〜風俗 高収入アルバイト ヒメケツ〜☆