北海道・東北 信越・北陸 関東 東海 関西 中国・四国・広島の風俗求人・バイト 九州・沖縄
最終更新日時[03/23 14:41]  サービス規約  会社概要 
ヒメケツ!
モザイク
TOP業種解説お仕事辞典風俗のススメヒメケツ!とは?プレゼントQ&A
トップページ  > Q&A

風俗求人・バイト「ヒメケツ!」の教えて!Q&A


Q.全くの未経験でも大丈夫?
A.
未経験でも全く問題ありません。
大部分のお店は未経験者を歓迎していて、業界初めての方にはお仕事の一連の流れや稼げる方法などを教えてくれます。
お店によってはマニュアルを作っているところや、口頭での説明、女性スタッフが指導してくれるお店などもあります。 また、男性のお客様にはテクニックの上手さより、不慣れな感じや初々しさのある女性の方が喜ばれることが多いのです。
経験がないからといって気にする必要は全くありませんよ♪



Q.体験入店ってどんな事するの?
A.
基本的に、体験入店というのは「お仕事にチャレンジしてみよう!」という試験的な勤務のこと。
なので、1日だけというのが一番メジャーだと思います。 でもお店や業種によっては1人だけの接客だけとか、3日~1週間のところもあります。
実際に自分が働けるお店や職種かどうかを試してみて、正式な入店をする方が、女の子にとっても不安がないですし、お店は新しい女の子が入れば広告宣伝をし、お客様を集めるので体験後に正式に入店してもらう方がちゃんと宣伝できます。
悩んだり迷ったりしたら体験入店するのが一番良い方法かもしれません。



Q.業種の違いがイマイチよく分からない。
A.
業種ごとにサービス内容は違いますが、同じ業種でもコンセプトが違えばサービスする時の服装や内容が大きく違ったりするため、ひとことで説明するのは難しいと思います。
自分が働くお店の仕事内容なので、不明点を残したまま入店し、「思っていたのと違った…」なんてことにならないように、分からないことは直接お店に問い合わせして確認しましょう。
ヒメケツ!でも業種説明欄がありますので、そこも参考にされてみて下さい。



Q.募集年齢を過ぎてると応募できない?
A.
これはお店にもよりますが、見た目が年齢より若く見えるという人は気にすることはないと思います。
男性のお客様の中にも30代、40代、50代、それ以上の女性を求める人が多くいます。
それは女性の魅力は若さだけではないからです。 色んなことを経験し、たくさんの人と会話出来る女性が必要とされることも多々あります。
また、年齢と同様、体型を気にしている女性も多くいますが、「年齢や容姿、体型は気にしないで大丈夫!」というお店は数え切れないほどあります。
自分に合ったお店を探してみて下さいね!



Q.雑誌やネットなどの宣伝に顔写真を出したくない!
A.
基本的にお店に顔出しの写真を出したくないと言えば強要されることはまずないと思います。
ただ、顔出しをすればマスコミ手当てが別途支給されるお店があったり、指名のお客様の数が増えてたくさん稼げるというメリットがある場合があります。
でも顔出ししなければ絶対に稼げないというものでもないので、出したくなければお店の人に事前に相談しましょう。
また、ほとんどのお店が顔だけでなく、ホクロや髪型など何か特徴的なものを隠して写真を出してくれることも多いため、ちゃんと対応してくれるハズです。



Q.寮完備というお店なら無料で寮に住めるの?
A.
多くのお店は敷金・礼金などが不要で、お店が家賃の一部を負担してくれるという形だと思います。
でもあまりに出勤日数が少ないと家賃は女性の全負担という場合もあります。
寮を希望する場合は面接で、月にどれくらいの出勤が可能で、いつから、どれくらいの部屋が必要かをしっかりお店の方に伝えるようにしましょう。
また、日常生活に必要な家電製品やベッドなどを最初から用意してくれているところも多くありますのですぐに入居したい人はその確認もすると良いでしょうね。



Q.面接ってどんな感じ?
A.
必要以上に緊張する必要はありませんが、非常識なことはしない。これは鉄則です。
服装や化粧はきちんとして質問は敬語でするべきです。
どんな業種でも基本的にはサービス業なので、お客様がいてこそのお仕事です。
お客様にどういう接客をするのかをお店は見ます。
普通の会社より、喫茶店やお店内で雑談形式の簡単な面接をするお店が比較的多いため、気軽な気持ちで受けられますが、ため口で話したり、時間に遅れる、連絡をしないなどのごく普通のマナーが出来ない人は面接で断られることもあるでしょう。
そして多くのお店が面接で入店する前の詳しいお仕事説明をします。
分からないことは面接でしっかり聞いておくことが大切です。



Q.身分証は何を用意すれば良い?
A.
風俗業では18歳未満を雇用するとお店が罪に問われてしまいます。
そのため、雇う女性の年齢と本籍地(国籍)をしっかり確認することがお店側に法律で義務付けられています。
本人確認に使われる物には、写真の付いた住民基本台帳カード、運転免許証やパスポート、写真付きの学生証などがあります。
写真のついていない身分証(保険証など)の場合は、人から借りたりして偽装が出来てしまうため、そういった場合には、それ以外に学校の卒業アルバムや住民票の原本など、2点以上の身分証明が出来るものを用意しましょう。
業種によって必要な書類は若干違いますので、最終的には応募するお店に聞いてみましょう。



その他わからないことがあれば 質問する